池上本門寺 節分追儺式

2月3日は節分

2月3日は節分です。
最近では自宅で恵方巻きを食べたり豆まきをしたりする家庭も増えていますが、全国の神社やお寺の節分会に参加するという人も多くいます。
特に有名な神社やお寺では、芸能人やスポーツ選手が豆まきに参加をするために多くの人が足を運ぶものです。

そのような節分会の中でも特に有名なのが池上本門寺のものです。
池上本願寺は東京都大田区にある日蓮宗のお寺で、日蓮がその生涯の最後を過ごした場所と言われています。
加藤清正や徳川家からも篤く信仰された祈願寺であるために節分に関係なく多くの人がお参りに訪れる有名なお寺です。

この池上本願寺で行われる節分会が節分追儺式(せつぶんついなしき)です。
ここでは、この節分追儺式の概要やスケジュール混雑具合といった事前に知っておきたい内容を紹介していきます。

池上本願寺の節分追儺式

池上本願寺の節分追儺式では厄災消除、開運招福の願いを込めて福豆が入った小さな袋が撒かれます。
多くの人が訪れる場所ですから撒かれる豆の総重量は1トンと言われています。

福男と福女によるお練り行列が最初に行われ、その後本殿で法要が行われて30分にわたって豆まきが実施されます。
雨の場合には豆まきは行われず豆まきのために来ているゲストによって直接手渡しで福豆を受け取るのが通例です。

池上本願寺では豆まきに芸能人や各界の著名人が参加をするために毎年とても盛り上がります。
池上本願寺には力道山が埋葬されているということからプロレス関係者や格闘家がゲストとして招かれることが多いです。

例年の混雑状況

毎年節分でゲストが見られる時間帯というのが14時からの追儺式法要と15時からの豆まきです。
そのため池上本願寺が混雑を始めるのは14時前後からになります。
例年1万3千人もの人が訪れていますから混雑はかなりのものになります。

豆まきは境内に50メートルもの特別桟敷を用意して行われますが、それでもかなりの賑わいです。
混雑がひどいため、幼児・小学生席と高齢者席がロープで区切って用意されていますから、小さな子供や高齢者と参加するという人はそういった場所を利用するのも一つの方法です。

プロレスラーや格闘家がゲストに多いので、豆は比較的遠くまで飛んで来ます。
ただ、確実に豆を取ることができるような良い場所に立ちたいと思えば豆まきが始まる1時間以上前から場所取りをしておくことが望ましいです。

また、豆まきで飛んで来た豆がキャッチできず落としてしまうという人がいます。
そのような時、落ちた豆を拾うために屈んでしまう人がいますがこれはやめましょう。
後ろから突き倒されてしまったり押されたり踏まれたりで怪我をする可能性もあります。