尾張屋

戦後から継ぎ足されたお出汁の味がしみ込むアツアツのおでん

東京神田駅近く、路地裏に昭和の町に紛れ込んだかと思うような赤ちょうちんがともっています。
ほんのり明るい赤ちょうちんに向かって歩いていくと、ふんわりと食欲をそそるいい香りがしてきます。
女将が作る温かなおでんが待ち受けるおでんの名店「尾張屋」が、今日もお客様を迎えています。

昭和2年、この辺りにお店らしいお店は一件もなかった当時、尾張屋の先代が愛してやまなかった家庭の味をふるまい始めたのが始まりです。
愛情のこもった家庭の味を求めて、このお店は政財界、芸能界等著名な方々を虜にして、現代も変わらぬ味をお客様に提供しています。

ここ尾張屋のおでんタネはにも拘り抜き、お出汁は戦後の動乱の中、必死に守られ、継ぎ足してきた味だからこそ味わい深くコクがあり、他の店には絶対に出せないお出汁です。
東京であったかいおでんを頂くなら、絶対ここに行ってみてと絶賛する人が後を絶たない尾張屋、割烹着をきた名物女将が温かく迎えてくれます。

頑固なほどに拘っているタネの素材

尾張屋はずっと継ぎ足してきたという事のほかにも、拘り抜いていることがあります。
それは、おでんはお出汁と素材あってこそということで、おでんのタネに利用する素材は納得のいくもの以外使わないという事です。
ずっと受け継がれてきた仕入れ先を変えることなく、納得のいくタネを選び抜いて利用する、例えばがんもは内神田の篠豆腐店のもの、さつま揚げは外神田の構、キャベツ巻に利用する合いびき肉さえも、築地の火山岬と常に徹底しているのです。

かつお、昆布、煮干しをいったん煮て落ち着かせて味の浸みこみにくい大根などから薄味に仕立てていく、丁寧な仕事ぶりがあるからこそ、この尾張屋のおでんは深い味わいがあるのです。
東京のおでん、でも味付けは関西風のさっぱり味、だからいくらでも食べられます。
アツアツで味の浸みた大根、口の中でふわっと広がる練り物のうまさ、珍しいねぎまのおでんはお酒によく合う一品です。

尾張屋でおでんのうまさを知ったという人も多い

おでんは駄菓子的な物と考える方も多いです。
あまりおでんが好きではなかった人も、尾張屋のおでんを食べたことで、おでんってこんなにうまいものだったのか、とおでん好きになったという人も少なくないといいます。

昭和初期、まだまだ日本が貧しかったころから始まった尾張屋は、今も割烹着をきた名物女将と一緒に、この町に息づいています。
カウンターに座って名物女将とお話ししながら、ちびちびとお酒を飲み、あったかくておいしいおでんを頂く、それが働く活力となっているサラリーマンも多いでしょう。
名店と呼ばれるおでんの味、これは食べておかなくては損をします。