根津神社

ELL75_yousyohondana20120620500-thumb-1195x800-5064 (1)
東京都文京区の根津にある神社であり、1900年以上前に
ヤマトタケルこと日本武尊が建てたのが始まりと言われています。

現在の社殿は、1706年に創建されたものであり、社殿7棟が国の重要文化財に
指定されています。主祭神として、須佐之男命、大山咋命、誉田別命、
相殿には、大国主命と菅原道真公が祀られています。

境内はツツジの名所ともなっており、夏目漱石や森鴎外がこの神社の近辺に
住んでいたこともあり、彼らにちなんだ旧跡も残されています。
また夢野久作や夏目漱石などの数多くの作家の小説にも登場する神社です。

9月には江戸の三大祭とも言われる天下祭が開催されます。

PP_kinimakaretaomikuji500-thumb-750x500-320

ご利益

縁結びや商売繁盛や厄除けや合格祈願などのご利益があるところでです。
本殿の他にも乙女稲荷や千本鳥居などがありますので、本殿だけではなく、
全てまわった方がご利益を授かりやすいと言われています。
縁結びを願って訪れる方や、合格祈願を願って訪れる方などがいます。

一番のパワースポットとなっているのが、カヤの木です。
神の使いの白蛇が住んでいると言われているところであり、
願い事をすると叶ったという言い伝えがあります。

千本鳥居の途中には乙女稲荷があり、女性の象徴と見立てて五穀豊穣を祈ったことから乙女と名付けられています。縁結びのご利益がありますので、是非とも参拝すると良いでしょう。またその奥にある駒込稲荷も参拝するとさらにご利益が期待できます。

またその奥にある駒込稲荷も参拝するとさらにご利益が期待できます。
鳥居の近くには、夏目漱石などが腰掛けたと言われる文豪憩いの石があります。

おみくじ・絵馬

この神社のおみくじはユニークであり面白いです。
二つの大きな黒い打ち出の小槌が置いてあり、この小槌を振ることで
番号の書いた棒が出てきますので、それに対応したおみくじを授かることが出来ます。
この小槌は少し重たいので、女性が振るには大変かもしれません。
おみくじはカヤの木の周辺に結んでも良いでしょう。

また絵馬を納めることが出来ますので、機会があれば絵馬を用意しておくと良いでしょう。
お守りも頂くことが出来、白蛇をモチーフにした陶器製のかわいい形のおまもりを頂けます。
その他にも様々なお守りが売っており、中には色と絵の柄を組み合わせる事が出来る、
自分好みのおまもりが作れるような物も売っています。

ツツジ祭が行われる神社としても有名です。
4月から5月にかけてのツツジが咲き乱れる季節に神社を訪れると、
境内には約100種類3,000株ものツツジが咲き誇りますので、
とても綺麗な光景を見ることが出来ます。

この祭の時期には、甘酒茶屋や植木市などの露天も沢山出店します。

根津駅および千駄木駅からは徒歩5分、東大前駅からも徒歩5分、
白山駅からは徒歩10分ほどで到着します。
参拝は6時から17時まで可能です。